問97-136 解説


問136

フロン類について、数値が0であるのはどれか。2つ選べ。


 1 特定フロン分子内の水素原子数

 2 代替フロン分子内のフッ素原子数

 3 我が国で工業的製造が許可されている特定フロン種の数

 4 パーフルオロカーボンの地球温暖化係数






フロン類とは、炭素、水素に加え、ハロゲンを多く含む化合物の総称です。


選択肢 1 は正解です。
特定フロンとは、クロロフルオロカーボンのことです。
クロロフルオロカーボンとは、Cl,F及びCのみからなる物質のことです。
化学的に安定で、オゾン層破壊、温室効果作用などの影響を環境に与えます。
よって、特定フロン分子内の水素原子数は、0です。


選択肢 2 は誤りです。
代替フロンとは、ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC:hydrochlorofluorocarbon H、Cl、F、Cからなる化合物)類
及びハイドロフルオロカーボン(HFC:hydrofluorocarbon H、F、Cからなる化合物)類のことです。
よって、フッ素を含むので、代替フロン分子内のフッ素原子数は 0 ではありません。


選択肢 3 は正解です。
特定フロンの生産は、1995年をもって全廃されました。
よって、我が国で工業的製造が許可されている特定フロン種の数は 0 です。


選択肢 4 は誤りです。
地球温暖化係数とは、温室効果ガスの地球温暖化に対する効果を
CO2 と比較した時の、相対的指標です。
パーフルオロカーボンは、地球温暖化係数が非常に高い物質として知られています。
よって、パーフルオロカーボンの地球温暖化係数は 0 ではありません。



以上より、正解は 1,3 です。