問97-137 解説

問137

生物濃縮に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。


 1 環境汚染物質だけでなく、栄養物質にも見られることがある。

 2 生物濃縮の程度は、化学物質の性質のうち蓄積性よりも難分解性に依存する。

 3 1-オクタノール/水 間の分配係数は、濃縮係数と正の相関を示す。

 4 濃縮係数は、化学物質の環境中濃度に対する生体内濃度の百分率で表される。





選択肢 1 はその通りの記述です。
例としては、海産の藻類における臭素やヨウ素が挙げられます。


生物濃縮の程度は、蓄積性にも、難分解性にも依存します。
又、どちらの方がより依存するかというのは、いいきることはできません。
よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 はその通りの記述です。
1-オクタノール/水 間の分配係数は、高ければ高いほど、脂溶性が高い物質です。
そして、脂溶性が高い物質ほど、生物の脂肪などに溶けて濃縮されやすいため
濃縮係数と正の相関が見られます。


濃縮係数は、物質の生体内濃度÷物質の環境中濃度のことです。
割合で表され、百分率では表されないので、選択肢 4 は誤りです。