問97-228 解説


問228

40歳男性。8月3日の早朝、下痢、腹痛、嘔吐と発熱を訴えて救急外来を受診した。医師が問診したところ、前夜に友人5人とイカ釣りに出かけ、船上で釣ったイカをイカそうめん(細切りの刺身)にして食べたとのことであった。友人5人も同様の症状を訴えているという。医師は食中毒と診断し、便の検査をオーダーするとともに、薬剤師に治療薬についての処方提案を求めた。


(衛生)

 この症例において、食中毒の原因として最も可能性が高いのはどれか。

1つ選べ。


 1 サルモネラ属菌

 2 ノロウイルス

 3 アニサキス

 4 腸炎ビブリオ

 5 ウェルシュ菌





サルモネラ属菌は、グラム陰性桿菌の一種です。

サルモネラ菌による食中毒の原因の多くは鶏卵由来です。



ノロウイルスは、ウイルスの一種です。RNAウイルスです。

冬場、カキなどを由来として食中毒が発生します。

食中毒の大きな原因を占めているウイルスです。



アニキサスは、海産動物に寄生する寄生虫です。

食後数時間のうちに、激しい腹痛と嘔吐が見られます。

下痢は一切見られない点が、一般的な食中毒と異なる特徴です。



腸炎ビブリオは、好塩性(塩が入っている方が好きな菌。)のグラム陰性桿菌です。

主に海水中に生息する細菌です。

激しい腹痛を伴う下痢を発症します。嘔吐、発熱を伴うこともあります。

本問の食中毒の原因は、腸炎ビブリオと考えられます。



ウェルシュ菌は、嫌気性グラム陽性桿菌です。

川や海など、自然界に広く分布し、ヒトの腸内細菌叢の主要な構成菌でもあります。

食中毒を起こした時に、嘔吐、発熱が見られないという特徴があります。



以上より、正解は 4 です。