問97-236 解説


問236

52歳男性。左片麻痺を主訴に受診し、CT検査で右頭頂葉に腫瘤を認めたため入院精査を行うことになった。

造影MRIで、右頭頂葉にリング状に造影剤増強効果を示す20 × 23 mm径の腫瘤と広範な周辺浮腫を認めた。

また、胸部単純X線検査では左下肺野に腫瘤影を認めた。

原発性肺癌の脳転移が疑われ、原発巣の確認と全身の転移巣の検索を目的として

PET−CT検査を行うことになった。核医学の専門医から

PET−CT業務を担当する薬剤師に検査薬の調製と品質検定が依頼された。


(実務)

 調製すべき検査薬はどれか。

1つ選べ。


 1 99mTcO4

 2 67Ga−クエン酸

 3 15O−酸素ガス

 4 123I−3−ヨードベンジルグアニジン

 5 18F−フルデオキシグルコース






99mTc は、肝脾疾患の診断などで用いられます。
本患者は、原発性肺癌の脳転移疑いということなので、用いられません。
よって、選択肢 1 は誤りです。


67Ga は、悪性腫瘍、炎症性病変の診断に用いられます。
特に乳がん、肺がん、悪性リンパ腫などへ高い集積を示します。
本患者は、原発性肺癌の脳転移疑いということなので、用いられません。
よって、選択肢 2 は誤りです。


15O は、脳酸素消費量を測定する時に用いられます。
本患者は、原発性肺癌の脳転移疑いということなので、用いられません。
よって、選択肢 3 は誤りです。

123I は、褐色細胞腫の診断などに用いられます。
本患者は、原発性肺癌の脳転移疑いということなので、用いられません。
よって、選択肢 4 は誤りです。


18F は、悪性腫瘍の診断に広く用いられます。
転移性の腫瘍の診断にも用いられます。



以上より、正解は 5 です。