問97-241 解説


問241

(衛生)

 水質汚濁の検査項目とその測定法との組合せのうち、正しいのはどれか。

2つ選べ


   <検査項目>        <測定法>

 1 ふん便性大腸菌群数 ------ 標準寒天培地法

 2 一般細菌数     ------ 特定酵素基質培地法

 3 塩化物イオン濃度  ------ 硝酸銀滴定法(モール法)

 4 BOD        ------ インドフェノール法

 5 COD        ------ 酸性高温過マンガン酸法






標準寒天培地法で検査する対象は、一般細菌です。
よって、選択肢 1 は誤りです。


特定酵素基質培地法で検査する対象は、大腸菌です。
よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 はその通りの記述です。
モール法とは、水溶液中の塩化物イオンの濃度を測定する方法です。
沈殿滴定の一種です。指示薬として、クロム酸カリウムが用いられます。


インドフェノール法は、アンモニアの定量法です。
よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 はその通りの記述です。




以上より、正解は 3,5 です。