問97-242 解説


問242

室内空気を汚染させる原因物質には、二酸化炭素、一酸化炭素、じんあい、微生物、化学物質などがある。

医療施設では清浄度によるゾーニングがなされ、各エリアの空調管理が行われている。


(実務)

 室内環境管理に関する記述のうち、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 室内空気を衛生的に保つため、二酸化炭素濃度は1.0 %以下とされている。

 2 レジオネラ症の主症状は、激しい下痢である。

 3 二酸化炭素は、通常、検知管法で測定される。

 4 ホルムアルデヒドは、シックハウス症候群の原因となる。






室内の二酸化炭素濃度は、1000ppm すなわち、0.1%以下と定められています。
よって、1.0% 以下ではないので、選択肢 1 は誤りです。


レジオネラ症とは、レジオネラ属菌を含んだエアロゾルを吸入することによる、気道感染症のことです。
悪寒、咳、高熱などの症状が現れます。
よって、主症状は激しい下痢ではないので、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3,4 はその通りの記述です。



以上より、正解は 3,4 です。