問97-244 解説


問244

ある日の午後、保険薬局に処方せんを持った小学生が保護者とともに来局した。

光化学スモッグ注意報が発令されていたが、校庭でサッカーをしていたという。


(実務)

光化学スモッグ発生時の対処法についての指導として、適切でないのはどれか。

1つ選べ。


 1 注意報が発令されたら屋外での活動を控える。

 2 目がチカチカしたら水道水で目を洗う。

 3 屋内では窓を閉めて過ごす。

 4 うがいをする。

 5 つばのある帽子をかぶる。






光化学スモッグとは、汚れた大気に光が当たることをきっかけとし、大気中の炭素化合物や
窒素化合物が分解することで、人体に有害な化合物であるスモッグができる現象です。
直接外気に触れる目や、空気が通る呼吸器が影響を受けやすく、目の痛みや咳、気分の悪さ
などが主な症状として現れます。

対処法としては、すぐに室内に入ることです。
又、目や呼吸器を水で洗うことも有効です。

つばのある帽子をかぶっても、対処法とはなりません。



以上より、正解は 5 です。