問97-17 解説



問17
2005年以降の年齢階級別死亡率において
20歳〜29歳の死因の第1位はどれか。
1つ選べ。

 1 悪性新生物     2 心疾患     3 脳血管疾患
 4 自殺        5 不慮の事故




現在(2012年現在)の日本の年齢別死因第1位は
1~14歳が不慮の事故
15~39歳は自殺
40~89歳では悪性新生物です。


よって、
正解は 4 です。