問97-20 解説




問20
異物代謝において、メルカプツール酸生成に関与する酵素はどれか。
1つ選べ。

 1 カテコールO-メチルトランスフェラーゼ
 2 グルタチオンS-トランスフェラーゼ
 3 スルホトランスフェラーゼ
 4 ロダネーゼ
 5 UDP-グルクロノシルトランスフェラーゼ






メルカプツール酸とは、以下の構造を持つ化合物の総称です。



メルカプツール酸は、代謝の第 II 相反応において
基質(異物)がグルタチオン抱合をうけた後
更にグルタチオン抱合体が代謝を受けてできる物質です。
尿中に主に排泄される物質です。

よって、生成に関与する酵素は
グルタチオン抱合に関与する酵素である
グルタチオンS-トランスフェラーゼです。


以上より、正解は 2 です。



ちなみに、カテコールO-メチルトランスフェラーゼ(COMT(コムト):catechol-O-methyltransferase)は
ドパミン、アドレナリン、ノルアドレナリンなどのカテコラミンを分解する酵素です。


スルホトランスフェラーゼは
硫酸抱合に関与する酵素です。


ロダネーゼとは
硫黄転移酵素です。
シアンの解毒に関わっている酵素です。


UDP(Uridine diphosphate glucuronic acid)-グルクロノシルトランスフェラーゼ
(UGT:UDP-Glucuronosyltransferase)は
グルクロン酸抱合に関与する酵素です。