問97-23 解説




問23
ジエチル-p-フェニレンジアミン (DPD) 法による水道水中の残留塩素の測定において
DPD と速やかに反応して赤色を呈するのはどれか。
1つ選べ。

 1 HClO  2 NH
2Cl  3 NHCl2  4 NCl3  5 CHCl3






残留塩素とは、遊離残留塩素及び結合残留塩素のことです。
遊離残留塩素とは、HClO(次亜塩素酸)、ClO(次亜塩素酸イオン)のことです。
結合残留塩素とは、クロラミン(アンモニアの水素原子を、塩素原子でおきかえた化合物のこと。NH
2Cl,NHCl2,NCl3)のことです。

残留塩素が少なすぎると殺菌効果が低く、高すぎると嫌な臭いや味がします。

測定法はDPD(dietyl-p-phenylendiamine :ジエチル-p-フェニレンジアミン)法です。
速やかに反応するのは、遊離残留塩素です。

すなわち、HClO、ClO
です。


よって正解は 1 です。