問97-197 解説


問197

脂質異常症の患者。スタチン系薬単剤で治療を続けるも低密度リポタンパク質コレステロール (LDL-C) がコントロール不良であり、主治医はコレスチミド錠を処方に追加した。


(物理・化学・生物)

 その後、この患者は、ワルファリンカリウム錠の投与が必要となった。ワルファリンはコレスチミドと併用すると吸収が阻害されることがある。その主な物理化学的要因はどれか。1つ選べ。


 1 共有結合

 2 水素結合

 3 配位結合

 4 疎水結合

 5 イオン結合






コレスチミドは、陰イオン交換樹脂です。
よって、相互作用するとすれば、イオン結合がその主な物理化学的要因であると
考えられます。


以上より、正解は 5 です。