問97-198 解説


問198

10歳男児。体重30 kg。A群溶連菌咽頭炎の診断を受けた。軽度の腎機能障害あり。ペニシリンアレルギーがあることからエリスロマイシンラクトビオン酸塩注射液が処方された。


(実務)

 医師への情報提供の内容として、不適切なのはどれか。

1つ選べ。


 1 副作用としてQT延長が現れることがある。

 2 初回投与時は、ショックやアナフィラキシー様症状に注意する。

 3 腎機能に基づいて投与量を設定する。

 4 2時間以上かけて点滴静注で投与する。

 5 静脈内投与する場合でも胃腸障害に注意する。






エリスロマイシンは、マクロライド系の抗生物質です。
リボソームの50Sサブユニットに結合することで
細菌のタンパク合成を阻害することによって、静菌的に働きます。

エリスロマイシンは、副作用としての消化器症状に注意が必要です。
ごくまれにですが、ショックやアナフィラキシー様症状、QT延長といった
重篤な副作用がおきることがあります。

静脈注射する時は、血管痛が強く、1時間以上かけてゆっくりと点滴することが
推奨されます。

CYP3A4で代謝されるため、肝代謝であり、相互作用に注意が必要です。


以上より、腎機能に基いて投与量を設定する必要はないので
選択肢 3 は誤りです。



よって、正解は 3 です。