問97-2 解説




問2
ある化合物の25 ℃における分解が、半減期3日の一次反応に従うとする。
この化合物100 mgを6日間、25 ℃で保存したときの残存量として、正しいのはどれか。
1つ選べ。





一次反応であるということは、半減期は物質の濃度に依存せず一定です。
よって、3日経つと100mg→50mgと半減し、さらに3日経つと50mg→25mgと半減します。


よって正解は 2 です。