問97-167 解説


問167

単純拡散による薬物の生体膜透過に関する記述のうち、正しいのはどれか。

1つ選べ。


 1 イオン形薬物は、非イオン形薬物と比べて透過性が高い。

 2 脂溶性薬物は、水溶性薬物と比べて透過性が高い。

 3 高分子薬物は、低分子薬物と比べて透過性が高い。

 4 透過速度はMichaelis-Menten式で表される。

 5 構造類似薬物の共存により、透過速度が低下する。






単純拡散においては、脂溶性が高い、分子形薬物ほど、透過性が高くなります。
つまり、非イオン薬物の方が、イオン形薬物よりも透過性が高いです。
これはFickの法則と呼ばれます。

よって、イオン形薬物の方が、非イオン形薬物とくらべて透過性が高いわけではないので
選択肢 1 は誤りです。


単純拡散においては、脂溶性が高いほど、透過性が高くなります。
よって、脂溶性薬物は、水溶性薬物と比べ、透過性が高くなります。


単純拡散において、分子量は、透過性と関連がありません。
よって、高分子薬物が、低分子薬物とくらべて透過性が高いわけではないので
選択肢 3 は誤りです。


単純拡散の透過速度は、Fickの法則で表されます。
Michaelis-Menten式ではないので、選択肢 4 は誤りです。
ちなみに、Michaelis-Menten式は、酵素の反応速度に関する式です。


単純拡散において、構造類似薬物の共存は、透過性と関連がありません。
よって、構造類似薬物の共存により、透過速度が低下するわけではないので
選択肢 5 は誤りです。

ちなみに、構造類似薬物の共存により、透過速度が低下するのは
促進拡散や能動輸送といった、トランスポーターが介在する物質輸送と
考えられます。



以上より、正解は 2 です。