問97-169 解説


問169

シトクロムP450 (CYP) に関する記述のうち、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 ヒト肝組織中の存在量が最も多い分子種はCYP2D6である。

 2 エタノールの生体内での酸化反応に関与する。

 3 グルクロン酸抱合反応を担う主な酵素である。

 4 遺伝的要因によりCYP2C19の代謝活性が低い人の割合は、白人と比較して日本人の方が少ない。

 5 セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)を含む健康食品の摂取で、CYP3A4の誘導が起こる。






存在量が最も多い分子種はCYP3A4です。
よって、2D6 ではないので、選択肢 1 は誤りです。


CYP2E1 は、エタノールをアセトアルデヒドに代謝する酵素です。
アルコールからアルデヒドへの変換は、酸化反応です。


CYPは酸化反応を担っています。
グルクロン酸抱合反応を担うのは、UDP-グルクロニルトランスフェラーゼです。

よって、選択肢 3 は誤りです。


遺伝的要因により、CYP2C19の代謝活性が低い人の割合は
白人が約3%、日本人が約20%です。

よって、遺伝的要因によりCYP2C19の代謝活性が低い人の割合は
日本人の方が多いので、選択肢 4 は誤りです。


セントジョーンズワートは、CYP3A4 の誘導を引き起こします。
そのため、CYP3A4 で代謝される薬物のいくつか等と
併用に注意する必要のあるサプリメントです。



以上より、正解は 2,5 です。