問97-170 解説

問170

P−糖タンパク質に関する記述のうち、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 二次性能動輸送担体の1つである。

 2 小腸上皮細胞に発現し、薬物の吸収を妨げる。

 3 脳毛細血管内皮細胞に発現し、薬物の中枢移行を促進する。

 4 肝細胞に発現し、薬物の胆汁排池を促進する。

 5 腎尿細管上皮細胞に発現し、薬物の再吸収を促進する。






二次性能動輸送とは、一次性能動輸送すなわちATPを用いた
濃度勾配に逆らった物質輸送により生じた、イオン勾配を駆動力として
行われる物質輸送の形式です。

P-糖タンパク質による能動輸送は、ATPを直接用いた
一次性能動輸送です。

よって、二次性能動輸送担体の1つではないので、選択肢 1 は誤りです。

参考)ちなみに、P-糖タンパク質の Pは、permeability (透過性) の頭文字です。
多剤耐性化した腫瘍細胞における、薬物の膜透過性を変化させる要素として
発見されたという歴史的経緯を反映しています。


P-糖タンパク質は、様々な薬物を能動的に細胞外へ排出する役割を担っています。
言い換えると、薬物の細胞内への吸収を妨げます。
又、体内の様々な組織において発現し、小腸上皮細胞にも発現しています。


P-糖タンパク質は、血液脳関門における実態を担っています。
すなわち、中枢へと薬物が移行しないように、能動的に薬物の排出を行なっています。
薬物の中枢移行を「促進」ではありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。


肝臓において発現しているP-糖タンパク質は、様々な薬物を胆汁中に
排泄する役割を果たしています。
速やかな薬物の排出に貢献しているといえます。


P-糖タンパク質は、腎尿細管上皮細胞にも発現しており
薬物を尿細管腔側へと排出しています。
すなわち、尿細管分泌を担っています。

よって、再吸収の促進ではないため、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2,4 です。