問97-174 解説


問174

薬物の溶解及び製剤からの放出に関する記述のうち、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 ヒグチ (Higuchi) の式において、放出される薬物の累積量は時間の平方根に比例する。

 2 ヒクソン−クロウェル (Hixson−Crowell) の式は、粒度分布を持つ粉体の溶解現象を表す式である。

 3 固体分散体中の薬物は、その薬物結晶に比べて溶解速度が小さい。

 4 安定形の結晶は、準安定形の結晶に比べて溶解速度が大きい。

 5 無水物は、水和物に比べて水中での溶解速度が大きい。






ヒグチ(Higuchi)の式とは、以下で表されるような
マトリックス型製剤における
薬物の放出量と、時間の間に成り立つ関係式です。

イメージとしては、表面から放出されるため、だんだん放出量が少なくなり
放出量が、時間の平方根に比例する(単純に、時間に比例するわけではない)という
関係式です。


※Q:単位面積当たりの累積薬物放出量
※D:拡散定数
※A:マトリックス中の薬物の全濃度、Cs:溶解度
※t:時間

一般に、「固体」の薬物がマトリックス全体に分散している時は
はるかに溶解度よりもAが大きい、すなわち

A>>Cs

なので、近似した、以下の式が用いられます。


ヒクソン-クロウェルの式は、溶解における固体薬物の表面積の減少を
考慮に入れた、溶解現象における質量と時間の関係を表す式です。
式は、以下で表されます。





※W
0:固体粒子の初期質量、W:時間tにおける固体粒子の質量
※k:みかけの溶解速度定数

Hixson-Crowell式では、2つの条件が仮定されています。
すなわち、初期濃度が溶解度よりはるかに小さいこと(シンク条件と呼ばれます)と
粒子径一定の粒子が、球状を保ちつつ溶解するという仮定です。

よって、粒度分布を持つ粉体の溶解現象を表す式ではないので、選択肢 2 は誤りです。


難溶性の物質を、固体分散体とすることで、溶解性が飛躍的に向上することが
知られています。
よって、固体分散体中の薬物の方が溶解速度が一般的に速いので
選択肢 3 は誤りです。


準安定系の方が、安定系よりも溶解速度は大きくなります。
(イメージとしては、準安定系の方が、エネルギー的に不安定であり
溶液に解けた状態というのは、とても安定な状態なので
より速く安定になりたいため、速く解けるイメージです。

就職活動で、何社も落ちている状態の人(準安定系のたとえ)が
どんな所でもいいからとりあえず内定1つもらいたくなる(速く安定したい)心理
と対比すると、記憶しやすいかもしれません。

よって、選択肢 4 は誤りです。


無水物の方が、水和物に比べて水中での溶解速度が大きいです。
(イメージとしては、準安定系と同様に、無水物の方が、エネルギー的に不安定であり
溶液に解けた状態というのは、とても安定な状態なので
より速く安定になりたいため、速く解けるイメージです。

補足として、なぜ水和物の方が安定かといえば、溶媒に取り囲まれることによる
溶媒和の影響が大きな要因と考えられます。



以上より、正解は 1,5 です。