問97-175 解説



問175

界面活性剤の性質に関する記述のうち、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 ソルビタンモノステアレートのHLB (hydrophile – lipophile balance) 値は

ソルビタンモノラウレートのHLB値に比べて小さい。

 2 水溶液の当量伝導度(モル伝導率)は、ある濃度以上で急激に上昇する。

 3 アルキル硫酸ナトリウムの直鎖アルキル基 (C10H21 〜 C18H37) の炭素数が増加すると、クラフト点は高くなる。

 4 臨界ミセル濃度以上では、溶液中にミセルとしてのみ存在する。






ソルビタンモノステアレートは、別名スパン 60 と呼ばれます。
HLB値は、約 3.8 です。
又、ソルビタンモノラウレートは、HLB 値は、約 8.6 です。

HLB値とは、界面活性剤の水及び油への親和性の程度を表す尺度です。
7より大きいと親水性です。

実際の試験において、このHLB価はおそらく覚えていないので
ステアレート→ステアリン酸、つまり炭素数 18 の飽和脂肪酸
ラウレート→ラウリル酸、つまり炭素数 12 の飽和脂肪酸
ということを思い出す。
→脂肪酸部分が、炭素数が多い方がより疎水性の性質を持つはず
→ソルビタンモノステアレートの方がHLB値は小さい
と推測するとよいと考えられます。


モル伝導率とは、1mol あたりの電気伝導率です。
原則として、濃度が上がると低下する値です。
界面活性剤においては、臨界ミセル濃度を超えると、急激に低下します。
これは、臨界ミセル濃度を超えることでミセルが形成されることにより
イオンが移動しづらくなり、電気伝導度が下がることが原因であると考えられます。

よって、選択肢 2 は誤りです。


クラフト点とは、イオン性界面活性剤の溶解度が急激に増大する温度のことです。
この温度以上において、ミセル形成が可能になります。
クラフト点は、疎水性部分が大きいほど高いことが知られています。

これは、炭素数が大きいと、小さいものより疎水性が増加し、水に溶けなくなる
→溶けなすぎると、界面が埋まるほど溶けないため、ミセル形成はおきない
→温度を上げると、溶解度が上がるから、溶ける量がある程度(臨界ミセル濃度)を
超えた所でミセル形成がおきる。
→よって、炭素数が大きいほど、ミセル形成ができる量まで溶けるようにするためには
温度をより上げなければならない 
という理由によると考えられます。


臨界ミセル濃度以上では、界面活性剤は、界面にびっしり存在する上に
溶液中にミセルとして存在し、更に単独の分子も存在すると考えられます。

よって、選択肢 4 は誤りです。



以上より、正解は 1,3 です。