問97-177 解説


問177

無菌製剤に関する記述のうち、正しいのはどれか。

1つ選べ。


 1 懸濁性点眼剤中の粒子は、通例、最大粒子径75μm以下である。

 2 注射剤の溶剤として、有機溶剤を用いることはできない。

 3 点眼剤の添加剤として、ホウ酸を用いることはできない。

 4 懸濁性注射剤は、静脈内に投与できる。

 5 乳濁性注射剤は、脊髄腔内に投与できる。







懸濁性点眼剤中の粒子は、製剤総則によれば、通例、最大粒子径75μm以下です。


注射剤の溶剤として、主薬が水にあまり溶けない場合は、エタノールやポリエチレングリコールなど
つまり、有機溶剤が用いられます。
よって、有機溶剤を用いることができないわけではないので、選択肢 2 は誤りです。


点眼剤の添加剤として、pH緩衝剤として、ホウ酸が用いられることがあります。
よって、ホウ酸を用いることができないわけではないので、選択肢 3 は誤りです。


懸濁性注射剤は、製剤総則によれば、通例、血管内に投与しないとあります。
よって、静脈内に投与することができないので、選択肢 4 は誤りです。


乳濁性注射剤は、製剤総則によれば、脊髄腔内に投与しないとあります。
よって、脊髄腔内に投与することができないので、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1 です。