問97-178 解説


問178

ピロカルピン塩酸塩1%点眼剤を100 mL調製するとき、等張化するのに0.66 gの食塩を必要とした。ピロカルピン塩酸塩3%点眼剤を100 mL調製するとき、等張化するのに要する食塩の量 (g) に最も近い値はどれか。

1つ選べ。


 1 0.09  2 0.18  3 0.36  4 0.48  5 0.60






100 mL で等張な溶液には、食塩なら 0.9% すなわち、0.9 g 入っていることになります。
よって、ピロカルピン塩酸塩 1 % 溶液は、0.9 - 0.66 = 0.24 g の食塩に相当する量の溶質が含まれています。

1%で 食塩 0.24 g に相当するのだから
3%で 食塩0.72 g に相当するはずです。

よって、必要な食塩の量は 0.9 - 0.72 = 0.18 gです。
 

以上より、正解は 2 です。