問97-270 解説



問270

入院中の糖尿病患者の喀痰よりメチシリン耐性黄色ブドウ球菌 (MRSA) が検出されたため

バンコマイシン塩酸塩注射液を投与することとなった。


 この治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 副作用として視力障害が現れることがあるので、観察を十分に行うとともに、患者に対して目がかすむ等を感じた場合はすぐに連絡するように説明した。

 2 急性腎不全等の重篤な腎障害が現れることがあるので、投与中は腎機能検査値に注意することを医師に提案した。

 3 ヒスタミン遊離によるレッドネック症候群を引き起こすことがあるため、60分以上かけて点滴静注するように医師に情報提供した。

 4 時間依存型の殺菌効果を示すため、有効血中濃度を長時間維持することが必要である。





バンコマイシンは、グリコペプチド系抗生物質の一つです。

殺菌的に働く、細胞壁合成阻害剤です。

D-アラニル-D-アラニンに結合して、細胞壁合成酵素を阻害し、菌の増殖を阻止します。

代表的な副作用として、腎毒性があります。

視力障害の副作用が代表的なのは、抗結核薬のエタンブトールです。

バンコマイシンの代表的な副作用ではありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2,3 はその通りの記述です。



バンコマイシンは、AUC/MIC が効果と相関するとされています。

よって、有効血中濃度を長時間維持するだけでは、有効とはいえません。


よって、選択肢 4 は誤りです。




以上より、正解は 2,3 です。