問97-276 解説



問276

病院薬剤部において、以下のA〜Dの注射剤を購入して保管することになった。



A

B

C

D

製剤名

注射用アムホテリシンB

アルプロスタジル注射液

人血清アルブミン製剤

ジアゼパム注射液

分類

毒薬

劇薬

特定生物由来製品

向精神薬

添加物

デスオキシコール酸ナトリウム

無水リン酸一水素ナトリウム

無水リン酸二水素ナトリウム

精製ダイズ油

高度精製卵黄レシチン

オレイン酸

濃グリセリン

水酸化ナトリウム

アセチルトリプトファン

カプリル酸

水酸化ナトリウム

炭酸水素ナトリウム

氷酢酸

塩化ナトリウム

ベンジルアルコール

プロピレングリコール

無水エタノール

安息香酸

水酸化ナトリウム

pH調整剤


 保管管理方法について、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 Aは、常に施錠して保管しなければならない。

 2 Bは、常に施錠して保管しなければならない。

 3 Cは、室温で保存可能であり、その有効期間は検定合格の日から3年である。

 4 Dは、医療従事者が常時在室するなど注意している場合を除き、施錠して保管しなければならない。



毒薬、劇薬、特定生物由来製品、向精神薬のうち

常に施錠が必要なのは、毒薬のみです。

又、向精神薬については、業務に従事するものが実地に盗難の防止につき必要な注意をする場合を除き

施錠が必要です。

よって、選択肢 2 は、劇薬なのに、常に施錠となっているため、誤りです。



人血清アルブミンは、凍結を避けて、室温に保存します。

有効期間は、検定合格から、2年間です。

よって、選択肢 3 は誤りです。



ちなみに、特定生物由来製品については、使用した場合の情報を記録し

医療機関で少なくとも20年間保管することが義務づけられます。



以上より、正解は 1,4 です。