問97-279 解説



問279

医薬品として未承認のヒドロキノンの軟膏剤を院内製剤として調製してほしいと

皮膚科の医師から薬剤部に依頼があった。


 薬剤部で油脂性基剤を用いて調製することになった。

基剤として、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 バニシングクリーム

 2 コールドクリ一ム

 3 マクロゴール軟膏

 4 プラスチベース

 5 白色ワセリン



油脂性基剤の代表例は、ワセリン、流動パラフィン、プラスチベース、単軟膏などです。


選択肢 1~3 は、親水性基剤です。

バニシングクリームは、親水性基剤の中でも、乳剤性基剤、o/w型です。

親水軟膏などが、同様の分類に含まれます。


コールドクリームは、親水性基剤の中でも、乳剤性基剤、w/o型です。

吸水軟膏、加水ラノリンなどが、同様の分類に含まれます。


マクロゴールは、親水性基剤の中でも、水溶性基剤です。



以上より、正解は 4,5 です。