問97-266~97-285 解説一覧



問266

29歳女性。

以下の処方せんを保険薬局に提出し、調剤を依頼した。


 (処方)

   クロルプロマジン塩酸塩錠 12.5 mg 1回1錠(1日3錠)

                     1日3回 朝昼夕食後 7日分


調剤前に患者から情報収集したところ、妊娠の可能性があるが、医師には伝えていないとのことであった。

添付文書には「妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい」との記載がある。

薬剤師の対応として、最も適切なのはどれか。

1つ選べ。


 1 処方せん通り調剤し、妊娠が確定したら相談するよう伝える。

 2 「投与しないことが望ましい」との記載であり、禁忌ではないのでそのまま調剤する。

 3 医師に妊娠の可能性があることを伝え、処方変更の有無と今後の対応を確認する。

 4 薬剤師として投与すべきではないと判断し、患者に説明した上で、調剤を行わない。

 5 調剤を保留し、産婦人科の受診を勧める。





クロルプロマジンは、フェノチアジン系の抗精神病薬です。

D2 受容体遮断薬です。

妊婦に対する使用についての安全性は、2012年時点で確立していない薬です。

(ほとんどの研究は、低用量、ときどきの使用なら、母子ともに安全という判断)


本問症例において、薬剤師は、調剤前の情報収集により

「妊娠可能性があるが、医師に伝えていない」こと、及び

「添付文書によれば、妊娠可能性のある婦人に投与しないのが望ましい」

ことがわかっています。

よって、この処方をそのまま調剤してよいか、疑義が生じていると考えられます。


対応としては、疑義照会の対象ですので

医師に妊娠の可能性を伝え、今後の対応、処方変更の有無を

確認するのが妥当であると考えられます。



以上より、正解は 3 です。







問267

29歳女性。
以下の処方せんを保険薬局に提出し、調剤を依頼した。

 (処方)

   クロルプロマジン塩酸塩錠 12.5 mg 1回1錠(1日3錠)

                     1日3回 朝昼夕食後 7日分


 妊娠時の薬物動態に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。


 1 薬物のタンパク結合に関与する血清中アルブミン濃度は、非妊娠時に比べて上昇する。

 2 大部分の薬物は、能動輸送により血液胎盤関門を透過する。

 3 胎盤にはシトクロムP450等の薬物代謝酵素が発現し、胎児の未発達な代謝能力を補っている。

 4 胎児のエネルギー源であるグルコースは、胎盤に発現しているグルコーストランスポーターによって母体から供給される。





妊娠中は、循環血液総量が増加します。
血液成分の増加よりも、血しょう成分が増加します。
つまり、血液中の水分が増加しています。
逆にいえば、タンパク質濃度は、減少しています。
よって、血清中アルブミン濃度は、非妊娠時に比べ、一般的に減少します。

選択肢 1 は誤りです。


血液胎盤関門とは、母体から胎児への様々な物質の移行を抑止する関門です。
実体としては、胎盤膜を構成する、細胞の層状構造です。
血液胎盤関門には、様々なトランスポータが発現しており、薬物の胎盤への移行を制御しています。
よって、大部分の薬物は、能動輸送により血液胎盤関門を透過するわけではありません。

選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3, 4 はその通りの記述です。




以上より、正解は 3,4 です。







問268

12歳女児。

てんかんの治療のため、以下の薬剤が処方された。


 (処方)

 バルプロ酸ナトリウム散20% 1回200 mg(1日400 mg) [原薬量]

 1日2回 朝夕食後14日分


 秤取すべき20%散の全量は何gか。

1つ選べ。


 1 1    2 2    3 4    4 14    5 28    6 56





原薬量、1日400mg なので、製剤量(実際に測りとる量)は

400 ÷ 0.2 = 2000mg = 2g (1日分)です。


14日分なので

2g × 14 = 28g


よって、正解は 5 です。



問題へ戻る



問269

12歳女児。

てんかんの治療のため、以下の薬剤が処方された。

 (処方)

 バルプロ酸ナトリウム散20% 1回200 mg(1日400 mg) [原薬量]

 1日2回 朝夕食後14日分


 バルプロ酸の血中濃度を低下させ、てんかん発作が再発することがあるため

禁忌となる抗生物質の種類はどれか。

1つ選べ。


 1 アミノグリコシド系

 2 カルバペネム系

 3 セフェム系

 4 テトラサイクリン系

 5 マクロライド系





バルプロ酸は、カルバペネム系抗菌薬と併用禁忌です。

バルプロ酸の血中濃度が低下し、バルプロ酸の効果減弱が起こります。

作用機序は、2012年時点で未だに不明確です。

蛋白結合率の競合や、グルクロン酸抱合代謝の亢進などが原因として挙げられているようです。


以上より、正解は 2 です。



問題へ戻る



問270

入院中の糖尿病患者の喀痰よりメチシリン耐性黄色ブドウ球菌 (MRSA) が検出されたため

バンコマイシン塩酸塩注射液を投与することとなった。


 この治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 副作用として視力障害が現れることがあるので、観察を十分に行うとともに、患者に対して目がかすむ等を感じた場合はすぐに連絡するように説明した。

 2 急性腎不全等の重篤な腎障害が現れることがあるので、投与中は腎機能検査値に注意することを医師に提案した。

 3 ヒスタミン遊離によるレッドネック症候群を引き起こすことがあるため、60分以上かけて点滴静注するように医師に情報提供した。

 4 時間依存型の殺菌効果を示すため、有効血中濃度を長時間維持することが必要である。





バンコマイシンは、グリコペプチド系抗生物質の一つです。

殺菌的に働く、細胞壁合成阻害剤です。

D-アラニル-D-アラニンに結合して、細胞壁合成酵素を阻害し、菌の増殖を阻止します。

代表的な副作用として、腎毒性があります。

視力障害の副作用が代表的なのは、抗結核薬のエタンブトールです。

バンコマイシンの代表的な副作用ではありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2,3 はその通りの記述です。



バンコマイシンは、AUC/MIC が効果と相関するとされています。

よって、有効血中濃度を長時間維持するだけでは、有効とはいえません。


よって、選択肢 4 は誤りです。




以上より、正解は 2,3 です。



問題へ戻る



問271

入院中の糖尿病患者の喀痰よりメチシリン耐性黄色ブドウ球菌 (MRSA) が検出されたため

バンコマイシン塩酸塩注射液を投与することとなった。


 この患者に、バンコマイシン塩酸塩1 gを点滴静注して血清中濃度を測定したところ

投与終了3時間後に28.3 μg/mL、11時間後に6.9 μg/mLであった。

バンコマイシンの消失速度定数 ( h−1) に最も近い値はどれか。

1つ選べ。


 1 0.2   2 0.4   3 0.6   4 0.8   5 1.0







消失速度定数を知るには、半減期を知る必要があります。
血中濃度の推移を図にすると、下図のようになります。




よって、大雑把にみると、8時間で2回半減しています。
(28.3 ≒ 28 , 6.9 ≒ 7 と見ました)
つまり、半減期は 4 時間です。

半減期は、0.7 / 消失速度定数 です。
※ ln 2 ≒ 0.7 で近似した公式です。

よって、消失速度定数は、0.7 ÷ 半減期
つまり 0.7 ÷ 4 = 0.175 で
一番近いのは 0.2 です。


以上より、正解は 1 です。



問題へ戻る



問272

50歳男性。てんかん治療のため以下の処方に従い服薬を続けている。

定常状態時の血清中フェニトイン濃度を測定したところ12 μg /mLであり、てんかん発作は安定している。


 (処方)

   フェニトイン散10% 1回1.25 g(1日2.5 g) [製剤量]

              1日2回 朝夕食後 28日分


 この治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 過量投与により、眼振、構音障害、運動失調、眼筋麻痺などの症状が出現することがあるので十分観察する。

 2 フェニトインの薬理作用は、血清タンパク質と結合していない遊離形濃度ではなく、総血清中濃度と関連する。

 3 定期的に肝・腎機能検査、血液検査を行うことが望ましい。

 4 用量を増加させると、腎尿細管分泌が飽和するため、用量と血清中濃度の関係は非線形となる。





フェニトイン(アレビアチン)は、ヒダントイン系の抗てんかん薬の一種です。

作用機序は、Na+チャネル遮断です。神経細胞の興奮伝達を抑制します。

薬理作用を示すのは、遊離型、すなわち、血清タンパク質と結合していない薬物分子です。

よって、選択肢 2 は誤りです。



フェニトインは、非線形の薬物動態、すなわち、投与量と血中濃度などの体内動態パラメータが比例しない

代表的な薬物として知られています。

これは、肝臓での代謝が飽和することが原因で、急激に血中濃度が増加します。

よって、選択肢 4 は誤りです。



過量投与により、眼振、構音障害、運動失調、眼筋麻痺などの症状が出現することがあり

定期的に肝・腎機能検査、血液検査を行うなどの注意が必要です。



以上より、正解は 1,3 です。




問題へ戻る



問273

50歳男性。てんかん治療のため以下の処方に従い服薬を続けている。

定常状態時の血清中フェニトイン濃度を測定したところ12 μg /mLであり、てんかん発作は安定している。


 (処方)

   フェニトイン散10% 1回1.25 g(1日2.5 g) [製剤量]

              1日2回 朝夕食後 28日分


 定常状態におけるフェニトインの体内からの消失速度はMichaelis-Menten式で表される。

この患者における最大消失速度 (mg/day) に最も近い値はどれか。

1つ選べ。

ただし、Michaelis 定数を 8 mg/L 、バイオアベイラビリティを 100% とする。


 1 150   2 240   3 420   4 1,500   5 2,400   6 4,200






フェニトイン散 10% 1日 2.5 g なので、実際のフェニトインの量は 0.25g = 250mg/day です。
又、定常状態の血清中フェニトイン濃度は 12 μg/mL = 12mg/L と単位を mg , L に合わせることができます。

Michaelis-Menten 式 に、分かった値を代入すると、以下にようになります。




つまり



なので、これを解くと
Vmax = 420 です。


以上より、正解は 3 です。







問274

65歳男性。

甲状腺機能亢進症の治療を受けている。

心房細動による頻脈のため、ジゴキシンによる治療が開始された。


 この治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 ジゴキシンは治療域が狭い薬物なので、治療薬物モニタリング (TDM) を行う。

 2 甲状腺機能亢進症の患者は、ジゴキシンの血中濃度が高くなり作用が増強することがあるので注意する。

 3 ジゴキシンは主に肝代謝により消失するので、肝障害時には減量する必要がある。

 4 悪心、嘔吐、不整脈などの中毒症状に注意する。





ジゴキシンは、心不全治療薬です。強心配糖体の一種です。

Na+/K+ATPase を阻害することにより、心筋収縮力を像歳させます。

副作用発現域と、治療域が近く、TDM対象薬の一つです。



甲状腺機能亢進症の患者において、血中濃度が低くなることがあります。

よって、血中濃度が高くなるわけではないので、選択肢 2 は誤りです。



ジゴキシンは、腎排泄型の薬です。

よって、腎疾患のある患者では、排泄遅延による中毒のおそれがあり、注意が必要です。

よって、主に肝代謝ではないので、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 はその通りの記述です。




以上より、正解は 1,4 です。




問題へ戻る



問275

 この患者におけるジゴキシンの全身クリアランスは4.0 L/h、経口投与時のバイオアベイラビリティは80%である。

定常状態平均血中濃度を1.0 ng/mL に維持するための1日当たりの経口投与量 (mg/day) はいくらか。

1つ選べ。


 1 0.004    2 0.032    3 0.096    4 0.120    5 0.250 







定常状態の平均血中濃度を Css とおくと、公式より
Css = D/CL です。
※Dは薬物投与量、CLは全身クリアランス

1日当たりの経口投与量を x (mg/day)とすると、バイオアベイラビリティが80%なので
D = 0.8x です。
分かっている値を、単位に注意して代入すると

1 (ng/mL) = 0.8x (mg/day)/4 (L/h)
です。

単位を揃えます。

1Lは、1000 mL なので
4 (L/h)=4000 (mL/h) です。
さらに
1day = 24h なので
4000 (mL/h) = 96000 (mL/day)です。

又、1ng = 0.001μg = 0.000001mg です。
よって
0.000001(mg/mL) = 0.8x/96000 です。

両辺を 96000 倍して
0.096 = 0.8x
0.012 = x となります。


以上より、正解は 4 です。







問276

病院薬剤部において、以下のA〜Dの注射剤を購入して保管することになった。



A

B

C

D

製剤名

注射用アムホテリシンB

アルプロスタジル注射液

人血清アルブミン製剤

ジアゼパム注射液

分類

毒薬

劇薬

特定生物由来製品

向精神薬

添加物

デスオキシコール酸ナトリウム

無水リン酸一水素ナトリウム

無水リン酸二水素ナトリウム

精製ダイズ油

高度精製卵黄レシチン

オレイン酸

濃グリセリン

水酸化ナトリウム

アセチルトリプトファン

カプリル酸

水酸化ナトリウム

炭酸水素ナトリウム

氷酢酸

塩化ナトリウム

ベンジルアルコール

プロピレングリコール

無水エタノール

安息香酸

水酸化ナトリウム

pH調整剤


 保管管理方法について、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 Aは、常に施錠して保管しなければならない。

 2 Bは、常に施錠して保管しなければならない。

 3 Cは、室温で保存可能であり、その有効期間は検定合格の日から3年である。

 4 Dは、医療従事者が常時在室するなど注意している場合を除き、施錠して保管しなければならない。






毒薬、劇薬、特定生物由来製品、向精神薬のうち

常に施錠が必要なのは、毒薬のみです。

又、向精神薬については、業務に従事するものが実地に盗難の防止につき必要な注意をする場合を除き

施錠が必要です。

よって、選択肢 2 は、劇薬なのに、常に施錠となっているため、誤りです。



人血清アルブミンは、凍結を避けて、室温に保存します。

有効期間は、検定合格から、2年間です。

よって、選択肢 3 は誤りです。



ちなみに、特定生物由来製品については、使用した場合の情報を記録し

医療機関で少なくとも20年間保管することが義務づけられます。



以上より、正解は 1,4 です。



問題へ戻る



問277

病院薬剤部において、以下のA〜Dの注射剤を購入して保管することになった。



A

B

C

D

製剤名

注射用アムホテリシンB

アルプロスタジル注射液

人血清アルブミン製剤

ジアゼパム注射液

分類

毒薬

劇薬

特定生物由来製品

向精神薬

添加物

デスオキシコール酸ナトリウム

無水リン酸一水素ナトリウム

無水リン酸二水素ナトリウム

精製ダイズ油

高度精製卵黄レシチン

オレイン酸

濃グリセリン

水酸化ナトリウム

アセチルトリプトファン

カプリル酸

水酸化ナトリウム

炭酸水素ナトリウム

氷酢酸

塩化ナトリウム

ベンジルアルコール

プロピレングリコール

無水エタノール

安息香酸

水酸化ナトリウム

pH調整剤


 添加物の中に界面活性剤が乳化剤として含まれているのはどれか。

1つ選べ。

 1 A   2 B   3 C   4 D


デスオキシコール酸ナトリウムは、溶解補助剤です。
無水リン酸一水素及び、ニ水素ナトリウムは、緩衝剤です。
よって、選択肢 1 は誤りです。


ダイズ油、濃グリセリン、水酸化ナトリウムは、様々な用途で使われますが
界面活性剤ではありません。
レシチンは、界面活性剤であり、乳化剤です。
オレイン酸は、基剤、分散剤などに用いられます。


アセチルトリプトファン、カプリル酸は、安定剤です。
水酸化ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、氷酢酸、塩化ナトリウムは、様々な用途で使われますが
界面活性剤ではありません。


ベンジルアルコール、プロピレングリコール、無水エタノール、水酸化ナトリウムは、様々な用途で使われますが
界面活性剤ではありません。
安息香酸は、保存料として用いられます。
pH 調整剤は、pH調製のために用いられます。



以上より、正解は 2 です。






問278

医薬品として未承認のヒドロキノンの軟膏剤を院内製剤として調製してほしいと

皮膚科の医師から薬剤部に依頼があった。


 この製剤に関する記述のうち、誤っているのはどれか。

1つ選べ。


 1 病院内の審査委員会で承認を得て調製し、使用した。

 2 使用する患者からインフォームド・コンセントを得た。

 3 調製した病院の患者のみに使用できる。

 4 効果及び副作用の監視、評価を行った。

 5 副作用が生じたとき、医薬品副作用被害救済制度の対象となる。






院内製剤に関しては、H24 年度時点において、日本病院薬剤師会から、製造プロセスや目的に応じた
クラス分類、及び、それに応じた必要な院内手続きが提案されています。

審査委員会の承認を得ること、患者への説明と自由意志による同意などが求められます。
又、院内製剤の流通範囲は、当該医療機関のみです。
効果や副作用の監視、評価も求められます。

院内製剤については、副作用が生じたとき、医薬品副作用被害救済制度の対象とはなりません。



以上より、正解は 5 です。






問279

医薬品として未承認のヒドロキノンの軟膏剤を院内製剤として調製してほしいと

皮膚科の医師から薬剤部に依頼があった。


 薬剤部で油脂性基剤を用いて調製することになった。

基剤として、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 バニシングクリーム

 2 コールドクリ一ム

 3 マクロゴール軟膏

 4 プラスチベース

 5 白色ワセリン






油脂性基剤の代表例は、ワセリン、流動パラフィン、プラスチベース、単軟膏などです。


選択肢 1~3 は、親水性基剤です。

バニシングクリームは、親水性基剤の中でも、乳剤性基剤、o/w型です。

親水軟膏などが、同様の分類に含まれます。


コールドクリームは、親水性基剤の中でも、乳剤性基剤、w/o型です。

吸水軟膏、加水ラノリンなどが、同様の分類に含まれます。


マクロゴールは、親水性基剤の中でも、水溶性基剤です。



以上より、正解は 4,5 です。




問280

外科病棟の看護師から医薬品情報管理室に 

「HIV感染患者の血液が付着した金属製の作業台の消毒に何を用いたらよいか」

 と問い合わせがあった。


適切な消毒剤はどれか。

1つ選べ。


 1 消毒用エタノール

 2 1%次亜塩素酸ナトリウム水溶液

 3 10%ポビドンヨ一ド水溶液

 4 0.05%クロルヘキシジングルコン酸塩水溶液

 5 0.05%ベンザルコニウム塩化物水溶液





消毒用エタノールは適切です。
HIVに有効です。


1%次亜塩素酸ナトリウムは、HIVに有効なのですが
金属腐食性があるため、作業台の消毒には不適切です。


ポビドンヨードは、HIVに有効なのですが
金属腐食性があるため、作業台の消毒には不適切です。


クロルヘキシジングルコン酸、及びベンザルコニウムは
HIVに無効なので、不適切です。



以上より、正解は 1 です。






問281

外科病棟の看護師から医薬品情報管理室に

 「HIV感染患者の血液が付着した金属製の作業台の消毒に何を用いたらよいか」

 と問い合わせがあった。


 消毒に関する記述のうち、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 物質中のすべての微生物を殺滅又は除去することをいう。

 2 消毒法は、化学薬剤を用いる化学的消毒法と、湿熱や紫外線などを用いる物理的消毒法に分けられる。

 3 消毒剤は、一般に20℃以上で使用し、定められた接触時間を守る必要がある。

 4 エンドトキシンを不活化できる。





消毒とは、人体に有害な物質を除去又は無害化することです。

すべての微生物を殺滅又は除去することは、滅菌と呼びます。

消毒とは、滅菌を含む、より広い概念です。

よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2,3 はその通りの記述です。



エンドトキシンとは、グラム陰性菌の細胞壁の成分です。

積極的には分泌されない毒素なので、内毒素とも呼ばれます。

様々な生理学的活性を引き起こします。

消毒によって、不活化することができません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



以上より、正解は 2,3 です。




問題へ戻る




問282

在宅患者訪問薬剤管理指導の際

患者の家族よりアスピリン腸溶錠100 mgを嚥下しにくいので

粉砕して飲ませても良いかとの質問があった。


 回答内容として、最も適切なのはどれか。

1つ選べ。


 1 家族が粉砕して服用させてください。

 2 薬局に戻り粉砕し分包したものをお届けします。

 3 粉砕せずにぬるま湯に溶かして服用させてください。

 4 医師に処方変更を依頼します。

 5 服用できないことを次回の診察時に医師に相談してください。





アスピリン腸溶錠は、胃で溶けないようにコーティングされています。

これは、アスピリンの胃障害作用を抑制するためです。

粉砕してしまうと、コーティングが剥がれ、胃障害作用の危険性があります。

又、溶かしてもやはりコーティングがとれてしまいます。

よって、選択肢 1~3 は誤りです。



処方変更の依頼としては、アスピリン末への処方変更などが考えられます。

この際、胃障害などに気をつける必要があります。


服用できないことを、次回の診察時に医師に相談するように回答すると

結局、次回まではどうするのかということになり、問題の解決になっておらず

選択肢 5 は誤りと考えられます。



以上より、正解は 4 です。








問283

在宅患者訪問薬剤管理指導の際

患者の家族よりアスピリン腸溶錠100 mgを嚥下しにくいので

粉砕して飲ませても良いかとの質問があった。


 この錠剤には以下の5つの添加剤が含まれる。

腸溶性コーティング剤として使用されているのはどれか。

1つ選べ。


 1 カルメロース

 2 トウモロコシデンプン

 3 メタクリル酸コポリマー

 4 マクロゴール6000

 5 タルク






カルメロースは、崩壊剤です。


トウモロコシデンプンは、賦形剤や、崩壊剤として用いられます。


メタクリル酸コポリマーは、腸溶性コーティング剤として用いられます。


マクロゴール6000は、軟膏基剤や、錠剤のコーティング剤として用いられます。
腸溶性コーティング剤ではありません。


タルクは、滑沢剤として用いられます。



以上より、正解は 3 です。







問284

70歳男性。マイコプラズマ肺炎の治療のため、以下の薬剤が処方された。


 (処方)

   エリスロシンドライシロップ10%(注1) 1回2 g(1日8 g)[製剤量]

   ビオフェルミンR散(注2)       1回0.75 g(1日3 g)[製剤量]

                     1日4回 朝昼夕食後、就寝前14日分

(注1:一般名は、エリスロマイシンエチルコハク酸エステル、 注2:耐性乳酸菌製剤)


 両薬剤をそれぞれ秤量した後、分包する方法として、最も適切なのはどれか。

1つ選べ。


 1 乳鉢と乳棒を用いて混和し、分包する。

 2 乳鉢とスパーテルを用いて混和し、分包する。

 3 混和せずに2段分割(2度撒き)で分包する。

 4 混和せずに別々に分包する。





エリスロシンドライシロップの表面のコーティングを
物理的に剥がさないように、混和をしないことが望ましいと考えられます。
又、ドライシロップはシロップ剤であり、散剤との分包は
避けたほうがよいと考えられます。

(参考) 第97回 薬剤師国家試験問題検討委員会の報告書によれば
実務では混ぜることもあるので、出題に疑問が出されています。)




以上より、正解は 4 です。







問285

70歳男性。

マイコプラズマ肺炎の治療のため、以下の薬剤が処方された。


 (処方)

   エリスロシンドライシロップ10%(注1) 1回2 g(1日8 g)[製剤量]

   ビオフェルミンR散(注2)       1回0.75 g(1日3 g)[製剤量]

                     1日4回 朝昼夕食後、就寝前14日分

(注1:一般名は、エリスロマイシンエチルコハク酸エステル、 注2:耐性乳酸菌製剤)


 エリスロシンドライシロップはプロドラッグ製剤である。

この場合のプロドラッグ化の目的として、正しいのはどれか。

1つ選べ。


 1 胃内での溶解性の向上

 2 胃内での分解の抑制

 3 小腸粘膜透過性の改善

 4 肝初回通過効果の回避

 5 細菌内への取り込みの促進





エリスロマイシンは、塩基性物質であるため、胃液に対して不安定です。

そこで、胃内での分解を抑制するためのコーティングを行ったのがエリスロシンドライシロップです。

よって、正解は 2 です。



問題へ戻る