問97-44 解説





問44
ヒトの肝臓において
薬物の酸化、還元、加水分解、抱合の
全ての代謝反応が行われる細胞内小器官はどれか。
1つ選べ。

 1 核          2 ゴルジ体     3 小胞体
 4 ミトコンドリア    5 リソソーム


薬物代謝酵素反応に関する酵素は主に、細胞を破砕して遠心分離した際における
ミクロソーム画分と可溶性画分に存在します。

遠心分離による細胞の分画は、以下の図のように行います。

ミクロソーム画分に含まれる代表的な酵素は、シトクロムP450、UDP-グルクロン酸転移酵素です。
それぞれ、第 I 相、第 II 相反応に関与します。
ちなみに、ミクロソームとは、細胞小器官でいう小胞体です。



以上より、
正解は 3 です。




ちなみに、可溶性画分に含まれる代表的な酵素は
アルコール脱水素酵素、アルデヒド脱水素酵素
その他の転移酵素(硫酸転移、グルタチオンS-転移、N-アセチル転移、メチル転移酵素)です。