問97-45 解説




問45
主として未変化体のまま体内から尿中に排泄されるのはどれか。
1つ選べ。
 1 ゲンタマイシン    2 テオフィリン    3 ニフェジピン
 4 フェニトイン     5 リドカイン



未変化体のまま体内から尿中に排泄されるということは、腎排泄の薬です。


ゲンタマイシンは、アミノグリコシド系抗生物質です。
副作用として腎障害が知られており、腎排泄の薬です。


テオフィリンは、気管支喘息薬です。
CYP1A2 により代謝されることが知られており、肝代謝を受ける薬です。


ニフェジピンは、ジヒドロピリジン系Ca拮抗薬です。
CYP3A4 により代謝されることが知られており、肝代謝を受ける薬です。


フェニトインは、抗てんかん薬です。
CYP2C9 により代謝されることが知られており、肝代謝を受ける薬です。


リドカインはクラス Ib の抗不整脈薬です。局所麻酔薬としても用いられます。
CYP 3A4 により代謝されることが知られており、肝代謝を受ける薬です。


クラスIa,Ib,Icの影響をまとめた図

以上より、正解は 1 です。