問97-46 解説



問46
水酸化アルミニウムを含む制酸剤とともに経口投与すると
キレートを形成して吸収が低下するのはどれか。
1つ選べ。

 1 オメプラゾール    2 ノルフロキサシン    3 フェノバルビタール
 4 リボフラビン     5 ワルファリン


水酸化アルミニウムを含む制酸剤とキレートを形成することで吸収が低下するのは
ニューキノロン系抗菌剤や、一部の抗生物質です。

ノルフロキサシンは、ニューキノロン系の抗菌剤です。
DNA ジャイレースを阻害することにより、DNA 複製を阻害します。

以上より、正解は 2 です。


ちなみに、オメプラゾールは、プロトンポンプ阻害薬(PPI)です。
プロトンポンプを非可逆的に阻害することにより、胃酸分泌を阻害します。
代表的な胃・十二指腸潰瘍治療薬の一つです。


フェノバルビタールは、GABA 受容体に作用することにより、抗てんかん作用を示します。
代表的な抗てんかん薬の一つです。


リボフラビンは、ビタミン B2 です。
口内炎などに用いられます。


ワルファリンは、ビタミン K 拮抗薬です。
血液凝固因子合成を阻害することにより、凝固系の働きが抑制され
抗血栓効果を発揮する薬です。