問97-54 解説





問54
薬物の経口徐放性製剤化の目的として、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 1 薬効の持続
 2 コンプライアンスの改善
 3 副作用の軽減
 4 肝初回通過効果の回避
 5 血中濃度の急激な上昇の回避



薬物の経口徐放性製剤化により、血中濃度を有効域で、長時間保つことができます。
これにより、1日数回だった服用を、1日1回といった服用にすることが可能になります。
これは薬効の持続及び、服薬コンプライアンスの改善を可能にします。

さらに、血中濃度の急激な上昇を、徐放化によって避けることで、副作用の軽減を図ることもできます。

しかし、経口投与である以上、肝初回通過効果は不可避です。


以上により、正解は 4 です。