問97-157 解説


問157

不整脈治療薬の作用機序について正しいのはどれか。1つ選べ。


 1 ニフェカラントは、心筋のNa+チャネルを選択的に遮断するが、不応期に影響を与えない。

 2 ベラパミルは、房室結節のK+チャネルを選択的に遮断し、房室伝導速度を低下させる。

 3 キニジンは、心筋のNa+チャネルとK+チャネルを遮断し、活動電位持続時間を短縮する。

 4 ソタロールは、心筋のK+チャネル遮断作用とβ受容体遮断作用を示す。

 5 ベプリジルは、心筋のβ受容体遮断作用とCa2+チャネル遮断作用を示す。






ニフェカラントは、クラス III 抗不整脈薬です。
K+チャネルを遮断します。

よって、Na+チャネル遮断ではないため、選択肢 1 は誤りです。


ベラパミルは、クラス IV 抗不整脈薬です。
Ca2+チャネルを遮断します。

よって、K+チャネルではないので、選択肢 2 は誤りです。


キニジンは、クラス Ia 抗不整脈薬です。
Na+を遮断し、活動電位時間を延長させます。

よって、活動電磁持続時間を短縮はさせないので、選択肢 3 は誤りです。


ソタロールは、クラス III 抗不整脈薬です。
K+チャネル遮断作用を示します。
又、β受容体遮断作用も示します。


ベプリジルは、クラス IV 抗不整脈薬です。
又、非特異的に様々なチャネル遮断作用も示します。
しかし、β遮断作用は示しません。

よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 4 です。