問97-160 解説

問160

糖尿病治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 グリベンクラミドは、スルホニル尿素受容体と結合し、膵臓β細胞からのインスリン分泌を促進する。

 2 メトホルミンは、ATP感受性K+チャネルを活性化し、肝臓での糖新生を抑制する。

 3 ピオグリタゾンは、ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体γ (PPARγ) を刺激し、アディポネクチンの発現を抑制する。

 4 アカルボースは、多糖類の分解を可逆的に阻害し、腸管からの糖の吸収を遅延させる。

 5 ナテグリニドは、高血糖状態で増加する細胞内ソルビトールの蓄積を抑制し、末梢神経障害を改善する。






グリベンクラミドは、SU(sulfonylurea:スルホニル尿素)薬です。
膵臓のβ細胞膜のSU受容体に結合します。
SU受容体結合の後、ATP依存性K+チャネルが閉じる
膜の脱分極
→膜電位依存性Ca2+チャネルが開く
→細胞内Ca2+濃度が上昇
→インスリン分泌が促進という流れを経ます。


メトホルミンはビグアニド系薬です。
肝臓での糖新生の抑制や、糖利用促進などを介して血糖を低下させます。
インスリン分泌作用がないことが特徴です。

ATP感受性K+チャネルを活性化させるわけではないので、選択肢 2 は誤りです。


ピオグリタゾンは、インスリン抵抗性改善薬です。
PPARγ(Peroxisome Proliferator-Activated Receptor γ)という核内受容体に作用することで
TNF-α(Tumor Necrosis Factor-α)産生抑制、及び
アディポネクチン産生促進をひきおこします。
その結果として、インスリン抵抗性の改善が行われます。

アディポネクチンの産生を抑制するわけではないので、選択肢 3 は誤りです。


アカルボースは、α-グルコシダーゼ阻害薬です。
小腸において、α-グルコシダーゼなどの多糖類分解酵素を阻害します。
それにより、単糖類の生成を抑制し、腸管からの糖の吸収を低下させることで
食後過血糖を改善します。


ナテグリニドは、速効性インスリン分泌促進薬です。
SU構造は持ちませんが、SU薬と同様のメカニズムで
すなわち膵臓β細胞のSU受容体に結合して作用します。

細胞内ソルビトールの蓄積を抑制するわけではないので、選択肢 5 は誤りです。
ちなみに、選択肢 5 の記述は、エパルレスタットについての記述です。
エパルレスタットは、アルドース還元酵素阻害薬です。
神経細胞内のソルビトールの蓄積を防止することで、糖尿病性末梢神経障害に
伴う、しびれや痛みを改善します。



以上より、正解は 1,4 です。