問97-162 解説


問162

血液に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 アルガトロバンは、プロスタノイドIP受容体を刺激し、血小板凝集を阻害する。

 2 ウロキナーゼは、フィブリノーゲンに強く結合し、フィブリンの生成を抑制する。

 3 ダルテパリンは、アンチトロンビンIIIに結合し、Xa因子の活性を阻害する。

 4 トラネキサム酸は、プラスミンのリシン結合部位に結合し、プラスミンによるフィブリンの分解を阻害する。






アルガトロバンは、抗トロンビン薬です。
タンパク質分解酵素阻害薬で、アンチトロンビン III 非依存的に凝固因子を阻害することにより
抗凝固作用を示します。

よって、プロスタノイド IP 受容体を刺激し
血小板凝集を阻害するわけではないので、選択肢 1 は誤りです。


ウロキナーゼは、血栓を作るタンパク質のフィブリンを分解する抗血栓薬です。
よって、フィブリンの生成を抑制するわけではないので、選択肢 2 は誤りです。


ダルテバリンは、ヘパリン類似物質です。
アンチトロンビン III の作用を増強し
セリンプロテアーゼ(トロンビンや、第Xa因子)の活性を抑制します。


トラネキサム酸は、線溶系抑制薬です。
プラスミノーゲンや、プラスミンのリシン結合部位に結合することで
プラスミンによるフィブリン分解を阻害することにより
止血作用を示します。



以上より、正解は 3,4 です。