問97-255 解説



問255

45歳女性。婦人科外来にて、以下の薬剤が処方された。

 (処方)


   リュープロレリン酢酸塩注射用 3.75 mg/バイアル 1バイアル


(薬理)

 リュープロレリンの薬理作用として、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 アロマターゼ阻害による血中エストラジオールの濃度上昇

 2 下垂体での性腺刺激ホルモンの産生能低下

 3 下垂体の黄体形成ホルモン放出ホルモン(LH-RH)受容体持続刺激による受容体の脱感作

 4 下垂体からのプロラクチンの遊離抑制

 5 卵巣におけるエストラジオールの産生能亢進







リュープロレリンは、LH-RHホルモン誘導体です。
一時的な性腺刺激作用を示した後に、LH-RHホルモン受容体の脱感作を引き起こします。
その結果、下垂体での性腺刺激ホルモンの産生・放出を抑制する。




以上より、正解は 2,3 です。