問97-256 解説



問256

75歳女性。

脊椎椎体骨折と診断された。

投薬に際して、以下の服薬指導が行われた。


 起床時にコップー杯の水とともに服用して下さい。水以外の飲食を避け、他の薬剤の服用も避けて下さい。服用後少なくとも30分経ってから食事をとり、食事を終えるまで横にならないで下さい。また、歯科を受診する場合には、必ずこの薬を服用していることを医師に伝えて下さい。


 上記の服薬指導が行われた薬剤はどれか。

1つ選べ。


 1 アレンドロン酸ナトリウム水和物錠    2 ラロキシフェン塩酸塩錠   

 3 メナテトレノンカプセル         4 乳酸カルシウム水和物錠

 5 アルファカルシドール錠







本問のような服薬指導が行われるのは、ビスホスホネート剤です。
選択肢の中で、ビスホスホネート剤は、アレンドロン酸ナトリウム水和物錠です。


以上より、正解は 1 です。



ちなみに、ラロキシフェン(エビスタ)は、SERM(selective estrogen receptor modulator)です。
SERMは、骨には女性ホルモン様に作用しますが、子宮や乳においては抗女性ホルモン作用を示します。
そのため、乳がんや子宮がんのリスクが小さい骨粗しょう症薬として、広く用いられています。


メナテトレノンは、ビタミンK2です。
骨形成促進作用があります。凝固系促進薬でもあります。


乳酸カルシウムは、カルシウムを補給する薬です。
他の骨粗しょう症薬と併用することがあります。


アルファカルシドール(ワンアルファ、アルファロール)は、活性型ビタミンD3製剤です。
骨粗しょう症薬です。