問97-258 解説



問258

65歳男性。

自宅トイレで転倒し、救急搬送された。

右中大脳動脈閉塞による脳梗塞と診断され、以下の薬剤が投与された。


 (処方)

   アルテプラーゼ(遺伝子組換え)静注用 34.8万国際単位/kg

    総量の10%は急速投与、残りは1時間かけて投与


この治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 虚血部位の血流が再開し、出血性梗塞が現れることがある。

 2 再投与によりアナフィラキシーショックが起こる可能性があるので、観察を十分に行う。

 3 発症6時間後でも投与開始可能である。

 4 血液凝固阻止作用を有する薬剤あるいは血小板凝集抑制作用を有する薬剤との併用が推奨されている。







アルテプラーゼは、血栓溶解剤です。
血栓に特異的に吸着し、プラスミノーゲンをプラスミンに変えます。
プラスミンは、フィブリンを分解することにより、血栓を溶解します。

選択肢 1,2 はその通りの記述です。


この薬は、急性心筋梗塞や虚血性脳血管障害急性期に投与されます。
発症後 6 時間以内に投与する薬です。
よって、選択肢 3 は誤りです。


使用上の注意として、血液凝固阻止作用を有する薬剤や、血小板凝集抑制作用を有する薬剤は
出血傾向が助長されることがあるため、慎重投与となっています。
よって、選択肢 4 は誤りです。



以上より、正解は 1,2 です。