問97-260 解説



問260

63歳女性。

関節リウマチと診断され、処方1で治療を行った。


 (処方1)

   サラゾスルファピリジン腸溶錠 500 mg  1回1錠(1日2錠)

                        1日2回 朝夕食後

   プレドニゾロン錠 5 mg         1回2錠(1日2錠)

                        1日1回 朝食後


 サラゾスルファピリジンに関する記述のうち、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 T細胞及びマクロファージでのサイトカイン産生を抑制する。

 2 IgMのS−S結合切断作用を示す。

 3 おとりのヒト型可溶性腫瘍壊死因子 (TNF) 受容体として働き、TNF-αの作用を抑制する。

 4 ピリミジン合成を阻害し、細胞増殖を抑制する。

 5 関節リウマチ以外に潰瘍性大腸炎に用いられる。







サラゾスルファピリジン(アザルフィジン)は、腸の炎症をしずめる薬です。
抗炎症作用は、大腸で分解されるサリチル酸による作用です。
潰瘍性大腸炎などに用いられます。

サラゾスルファピリジンは、体内に吸収され、T細胞やマクロファージに作用することで
これらの細胞からのサイトカイン産生を抑制することで、抗リウマチ薬としても機能します。


以上より、正解は 1,5 です。


ちなみに、選択肢 2 は、DMARDs(疾患修飾性抗リウマチ薬)の一つである
ブシラミン(リマチル)についての記述であると考えられます。


選択肢 3 は、エタネルセプト(エンブレル)についての記述であると考えられます。
完全ヒト型由来の抗体医薬品で、抗リウマチ薬です。


選択肢 4 は、メトトレキサートについての記述であると考えられます。
ピリミジン代謝におけるDHFレダクターゼを阻害することで、テトラヒドロ葉酸の合成を抑えて
免疫を抑制する、抗リウマチ薬です。