問97-30 解説




問30
フェンタニルの鎮痛作用発現に関わる作用点はどれか。
1つ選べ。

 1 GABA
受容体        2 グルタミン酸 NMDA 受容体  
 3 オピオイドμ受容体      4 ドパミン D
受容体
 5 電位依存性 Naチャネル





フェンタニルは、μ受容体を刺激することにより鎮痛作用を示します。
よって、
正解は 3 です。


ちなみに、GABA
A受容体に関連する薬は
バルビツール酸誘導体やベンゾジアゼピン系の
抗不安薬や睡眠導入薬です。
刺激薬として働きます。


グルタミン酸 NMDA 受容体に関連する薬は
メマンチン塩酸塩です。
これはアルツハイマー型認知症の薬です。拮抗薬として働きます。


D
受容体に関連する薬は
麦角アルカロイドや、統合失調症薬です。
麦角アルカロイドは刺激薬、統合失調症薬は遮断薬です。


電位依存性Na+チャネルに関連する薬は
抗てんかん薬や麻酔薬です。
遮断薬です。