問97-31 解説




問31
GABAトランスアミナーゼ阻害作用を有する抗てんかん薬はどれか。
1つ選べ。

 1 カルバマゼピン    2 フェニトイン    3 ジアゼパム
 4 エトスクシミド    5 バルプロ酸






抗てんかん薬はその作用機序により、大きく4つに分類されます。
ⅰ.GABA受容体タイプ
ⅱ.Na+チャネル遮断タイプ
ⅲ.T型Ca2+チャネル遮断タイプ
ⅳ.GABAトランスアミナーゼ阻害タイプ


GABAトランスアミナーゼ阻害タイプの代表的な薬は、バルプロ酸です。
よって、正解は 5 です。


ちなみに、カルバマゼピ
ン、フェニトインは、Naチャネル遮断タイプ

ジアゼパムはGABA受容体タイプ

エトスクシミドは、T 型Ca2+チャネル遮断タイプです。