問97-35 解説





問35
ムコタンパク質のジスルフィド結合 (−S−S−) を切断して低分子化し
喀痰の粘度を低下させるのはどれか。
1つ選べ。


 1 アンブロキソール    2 ジヒドロコデイン    3 アセチルシステイン
 4 ジモルホラミン     5 ノスカピン


◯◯システイン(カルボシステインを除く)は
粘液のムコタンパク質のS-S結合を切断することで
粘液の粘度を低下させます。


よって、
正解は 3 です。



ちなみに、アンブロキソールは、気道粘膜潤滑薬です。
肺表面活性物質(肺サーファクタント)の分泌促進を主な作用として持ちます。
痰の排出を容易にします。


ジヒドロコデインは、麻薬性中枢性鎮咳薬です。
延髄咳中枢を抑制することにより鎮咳作用を示します。


ジモルホラミンは、中枢性呼吸興奮薬です。
過度の呼吸抑制がおきたときに使用される薬物です。


ノスカピンは、非麻薬性中枢性鎮咳薬です。