問97-37 解説





問37
甲状腺ホルモン産生阻害作用を示すのはどれか。1つ選べ。

 1 チアマゾール    2 オキシトシン    3 プロチレリン  
 4 クロミフェン    5 ソマトレリン


甲状腺ホルモンを産生する酵素は、ペルオキシダーゼです。
ペルオキシダーゼは、ヨウ素を活性化ヨウ素へと変換する、体内の酸化過程を担う酵素です。
ペルオキシダーゼを阻害することにより、T,Tホルモンが合成されないようにします。
ペルオキシダーゼを阻害する代表的な薬は、チアマゾール、プロピルチオウラシルです。


よって、
正解は 1 です。



ちなみに、オキシトシンは、脳下垂体後葉から分泌されるホルモンです。
子宮収縮の誘発などを引き起こすホルモンです。


プロチレリンは、甲状腺刺激ホルモン(TSH:thyroid stimulating hormone)及び
プロラクチン分泌を促進します。
それらのホルモン分泌機能の検査に用いられます。


クロミフェンは、抗エストロゲン薬です。
クロミフェンは、結果的には、フィードバック作用を介して
エストロゲン放出が増加します。
不妊症の排卵誘発剤として用いられます。


ソマトレリンは、成長ホルモン(GH:growth hormone)の分泌を促進する薬です。
下垂体の成長ホルモンの分泌機能の検査に用いられます。