問97-39 解説





問39
セファゾリンの抗菌作用の機序はどれか。1つ選べ。

 1 RNA合成阻害      2 DNA複製阻害    3 タンパク質合成阻害
 4 細胞膜合成阻害     5 細胞壁合成阻害


セファゾリンは、第一世代セフェム系抗菌薬です。
セフェム系抗菌薬とは、β-ラクタム系抗菌薬の一種です。
β-ラクタム系抗菌薬は、細胞壁合成阻害薬です。


以上より、
正解は 5 です。



ちなみに、RNA 合成阻害薬といえば
代表例は、抗真菌薬のフルシトシンです。


DNA 複製阻害薬といえば
代表例は、DNA ジャイレースに作用する、キノロン系抗生物質です。
◯◯フロキサシン(レボフロキサシン、ノルフロキサシンなど)が代表例です。


タンパク質合成阻害薬といえば
代表例は、アミノグリコシド系抗生物質や、マクロライド系抗生物質です。
アミノグリコシド系の代表例は、ゲンタマイシンやカナマイシンです。
マクロライド系の代表例は、クラリスロマイシンやエリスロマイシンです。


細胞膜合成阻害薬といえば、代表例は、抗真菌薬のポリミキシン B です。