問97-106 解説


問106

以下の記述は、日本薬局方に収載されているアスピリンの確認試験である。

[  ]に入れるべき化合物の名称はどれか。1つ選べ。

 本品0.5 gに炭酸ナトリウム試液10 mLを加えて5分間煮沸し、希硫酸10 mLを加えるとき、酢酸のにおいを発し、白色の沈殿を生じる。また、この沈殿をろ過して除き、ろ液にエタノール (95) 3 mL及び硫酸3 mLを加えて加熱するとき、[  ]のにおいを発する。

 1 酢酸

 2 酢酸エチル

 3 ギ酸

 4 メタノール

 5 フェノール





アスピリンに炭酸ナトリウムを加えて煮沸すると、エステルの加水分解が起こり、サリチル酸ナトリウムと酢酸ナトリウムが生成します。

次に希硫酸を加えることで
サリチル酸ナトリウムはサリチル酸に変わり(これが白い沈殿)、
酢酸ナトリウムは酢酸になります。
ともに、ある塩に対して強酸を加えたことで、弱酸(正確には、希硫酸より弱い酸)が遊離するという反応です。
よって、問題文にもあるとおり、この段階で酢酸のにおいがします。

続いて沈殿物であるサリチル酸はろ過で除き、残る酢酸にエタノールと硫酸を加えます。
カルボン酸(酢酸)+アルコール(エタノール)+酸触媒(硫酸)といえば、エステル合成の有名な反応です。
つまり、酢酸とエタノールのエステルである酢酸エチルが生成します。
よって、選択肢 2 が正解です。