問97-110 解説


問110

基原植物に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。


 1 オウレンとオウバクの基原植物はミカン科に属し、主要成分としてインドールアルカロイドを含む。

 2 ゲンチアナとリュウタンの基原植物はリンドウ科に属し、主要成分としてセコイリドイド配糖体を含む。

 3 ダイオウとセンナの基原植物はマメ科に属し、主要成分としてビアントロン類を含む。

 4 トウキとセンキュウの基原植物はセリ科に属し、主要成分としてリグナン類を含む。

 5 オンジとセネガの基原植物はユリ科に属し、主要成分としてステロイドサポニンを含む。


オウレンの基原植物は、オウレン(キンポウゲ科)です。
主成分はベルベリンです。
オウバクの基原植物は、キハダ(ミカン科)です。 主成分はベルベリンです。

よって、選択肢 1 は誤りです。


ゲンチアナの基原植物は、ゲンチアナ(リンドウ科)です。 
リュウタンの基原植物はトウリンドウ(リンドウ科)です。
これらの主成分は、セコイリドイド配糖体です。

よって、選択肢 2 は正解です。


ダイオウの基原植物は、ダイオウ(タデ科)です。
主成分は、センノサイド類、アントラキノン類です。
センノサイド類は、より大きな区分として
アントラキノンが2つ重合した骨格を持つビアントロン類と呼ばれることもあります。
センナの基原植物は、センナ(マメ科)です。
主成分はセンノサイド類です。

よって、選択肢 3 は誤りです。


トウキの基原植物は、トウキ(セリ科)
センキュウの基原植物は、センキュウ(セリ科)
これらの主要成分はフタリド類が主成分である精油です。
ちなみに、リグナン類は、フェニルプロパノイドの中で
C6-C3単位が、2~4個縮合して生成する化合物群のことです。

よって、選択肢 4 は誤りです。


オンジの基原植物は、ヒメハギ(ヒメハギ科)です。
セネガの基原植物は、セネガ(ヒメハギ科)です。
これらの主要成分は、主成分は、トリテルペノイドサポニンです。
サポニン含有なので、生薬粉末に水を加えて激しく振ると発泡します。

よって、選択肢 5 は誤りです。