問98-185 解説



問185

膵がんとその治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 大多数は、膵内分泌腺から発生する。
2 黄疸を伴うことはない。
3 血糖値の上昇を伴うことがある。
4 化学療法として、ゲムシタビン塩酸塩が用いられる。
5 遠隔転移がある場合でも、5年生存率は80%以上である。






膵がんは、通常膵管上皮から発生します。
よって、分泌腺からではありません。
選択肢 1 は誤りです。


膵頭部でのがんが大きくなり、胆管が圧迫されて胆汁の流れが悪くなるなどの理由で
黄疸を伴う事があります。
よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3,4 はその通りの記述です。


膵がんの5年生存率は、全体で約10~20%ほどです。
(進行度の全てのステージを合計。2013.4月現在)

よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 3,4 です。