問98-181 解説



問181

大規模地震の被災地に設けられた仮設病院で、透析患者が食後の胃痛を訴えた。
薬剤師は、その患者が胃潰瘍のためゲファルナートカプセル100mg を
1回1カプセル、1日2回で服用していたことを、お薬手帳から把握した。

仮設病院にはゲファルナートカプセル100mg の在庫がない。
医師に代替薬として提案する場合、最も適切な薬剤はどれか。
1つ選べ。

1 スクラルファート水和物細粒
2 ロペラミド塩酸塩カプセル
3 セトラキサート塩酸塩カプセル
4 乾燥水酸化アルミニウムゲル細粒
5 ピコスルファートナトリウム水和物内用液





ゲファルナートは、防御因子増強剤です。
よって、同種同効薬が代替薬としては適切です。

又、剤形は、可能であれば変更しない方が服薬に違和感がなく
適切であると考えられます。

よって、選択肢の中から選ぶなら、セトラキサート塩酸塩カプセルが
同種同効薬であり、剤形も同一であり、最も適切と考えられます。



以上より、正解は 3 です。