問98-187 解説



問187

50歳男性。徐々に筋力低下及び筋萎縮を認めた。
検査の結果、萎縮は神経原性と判明した。
以下の疾患のうち該当する疾患はどれか。
1つ選べ。

1 多発性筋炎
2 遠位型ミオパチー
3 筋萎縮性側索硬化症
4 筋強直性ジストロフィー
5 進行性筋ジストロフィー





多発性筋炎とは、筋肉の障害により、力が入らなくなったり、痛みを感じる病気です。
膠原病の1つです。
よって、神経原性ではないので、選択肢 1 は誤りです。


遠位型ミオパチーとは、体幹から離れた部分から筋肉が萎縮していく病気です。
遺伝子の異常により発症します。
よって、神経原性ではないので、選択肢 2 は誤りです。


筋萎縮性即索硬化症は、神経原性の筋力低下及び筋萎縮をみとめる疾患です。


筋剛直性ジストロフィーは、遺伝性の筋萎縮症です。
よって、神経原性ではないので、選択肢 4 は誤りです。


進行性筋ジストロフィーは、遺伝性の筋萎縮症です。
よって、神経原性ではないので、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 3 です。