問98-188 解説



問188

アトピー性皮膚炎及びその治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 非免疫学的要因として、皮膚バリアー機能の低下がある。
2 血清IgG 値が増加する。
3 アゼラスチン塩酸塩錠では、眠気を起こさない。
4 タクロリムス水和物軟膏が、使用できる。
5 重症例では、タクロリムス水和物カプセルの内服を行う。





選択肢 1 はその通りの記述です。


アトピー性皮膚炎において上昇するのは、IgE値です。
IgG ではないので、選択肢 2 は誤りです。


アゼラスチンは、第二世代抗ヒスタミン薬です。第一世代と比較して眠気が出にくい薬ですが
眠気を起こさないわけではありません。
よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 はその通りの記述です。
塗り始めに、ヒリヒリ感がかなりの確率でおこりますが、たいてい一時的で、1週間もすれば軽くなります。
そのため、そういった症状が出ることを伝えると共に、薬の使用を継続するよう指導する事が必要です。


タクロリムス水和物カプセルは、移植時の免疫抑制に使用されます。
重症アトピー性皮膚炎には適用がありません。
よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,4 です。