問98-189 解説



問189

スティーブンス・ジョンソン症候群に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 失明の原因となりうる。
2 中毒性表皮壊死症が重症化した病態である。
3 皮膚粘膜移行部に、粘膜病変が認められる。
4 薬剤性が疑われる場合は、原因薬物同定のために、内服誘発テストを行う。
5 重症例では、副腎皮質ステロイド薬の外用剤が、第一選択薬として用いられる。





選択肢 1 はその通りの記述です。


中毒性表皮壊死症(T.E.N)は、スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)と並び、極めて重症な薬疹です。
T.E.Nが重篤化してSJSというわけではありません。
よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 はその通りの記述です。


薬剤性が疑われる時は、原因薬物を直ちに中止します。
よって、選択肢 4 は誤りです。


重症例では、原因薬物中止、熱傷の治療の後、ステロイド内服が行われます。
ステロイド外用ではありません。
よって、選択肢 5 は誤りです。




以上より、正解は 1,3 です。