問98-190 解説



問190

抗リン脂質抗体症候群に関する記述のうち、誤っているのはどれか。
1つ選べ。

1 基礎疾患として、全身性エリテマトーデス(SLE)が認められることが多い。
2 自己抗体が陽性である。
3 重篤な動静脈血栓症を引き起こしやすい。
4 流産及び胎児死亡などの危険因子である。
5 妊娠時には、ワルファリンカリウムの経口投与が用いられる。





抗リン脂質抗体症候群とは、血中に抗リン脂質抗体が見られ、習慣性に流産を起こしたり
血栓症を起こしたりする疾患です。

選択肢 1 ~ 4 はその通りの記述です。


治療にはワルファリン、アスピリン、ヘパリンなどが用いられます。
妊娠時には、ワルファリンに催奇形性があるため、ワルファリンを避け、アスピリンやヘパリンを使用します。
よって、選択肢 5 は誤りです。




以上より、正解は 5 です。