問98-191 解説



問191

造血幹細胞移植時における移植片対宿主病(GVHD)に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 移植後1週間以内に好発する。
2 予防として、移植前日から免疫抑制薬注射剤の持続投与を開始する。
3 レシピエントのリンパ球がドナーの造血幹細胞を攻撃して生着不全を起こす反応である。
4 ドナーのリンパ球が、レシピエントの組織を攻撃して起こる疾患である。
5 発症を予防するために、移植する造血幹細胞に対して放射線照射を行う。





造血幹細胞移植時における移植片対宿主病(GVDH:graft versus host disease)は
急性のものは移植後1~2週、遅いものでは、4ヶ月以降に発症します。
よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 はその通りの記述です。


GVDHは、ドナーの免疫システムが、レシピエントの全身を異物として攻撃する疾患です。
よって、選択肢 3 は誤りで、選択肢 4 はその通りの記述です。


発症を予防するために、免疫抑制剤や、ステロイドが使用されます。
放射線照射は行われません。
よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2,4 です。