問98-192 解説



問192

薬物治療の効果判定の統計処理に用いられる Tukey 法に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 すべての群の同時対比較を行う検定方法である。
2 1つの対照群と2つ以上の処理群を比較検定する方法である。
3 分散が等しくないデータの比較検定に適している。
4 正規分布に従わないデータの比較検定に適している。
5 パラメトリックなデータの比較検定に適している。






Turkey法とは、いくつか群がある時、全ての群間の比較を行う方法です。
例として以下のようなデータがあったとして、それぞれの群の平均を比較するとします。


 1群
 2群 3群 4群
 9 12 14 9
 10 10 15 15
 11 8 15 20
 12 10 15 18


その時、1群と2群の平均、1群と3群の平均、1群と4群の平均・・・と
全ての群間の比較を行います。

等分散している、正規分布に従うデータが前提となります。
つまり、パラメトリック法(データが、ある種の分布に基づくと仮定した上で行う統計手法)
の1つです。



よって、正解は 1,5 です。